中絶手術を減らすために

白い薬

ワイドショーでは有名タレントがデキちゃった婚をしたという話題が頻繁に取り上げられています。また、自分の身の周りでもデキ婚したという女性もいるのではないでしょうか。こういったデキ婚に対して世間の意見は厳しいです。順序が間違っているや責任感がないといった意見が多くあります。確かにそれは一理あるでしょう。結婚をしてから妊娠をするのが本来の流れです。計画性のない行動だと言われても仕方ありません。ですが、デキ婚は子供を産むという選択をしています。望んだタイミングでの妊娠でなかったのにも拘わらず、子供を産んで育てるという意思を持っています。ですから、責任を果たすという気持ちは評価すべきでしょう。もっと非難されるべきなのは、妊娠をして中絶手術を選択する人ではないでしょうか。
日本では中絶手術も個人の自由のように考えられています。あまり厳しい意見が向けられるようなこともありません。それもあって、日本では年間30万件に上る中絶手術が行われています。これは先進国の中では驚くほど高い数字です。この数字の数だけ命が奪われているという意識を持っていくことが大事でしょう。
中絶手術を減らすためには、望まない妊娠を防ぐことが大切です。つまり避妊に対する意識を強く持つことが大事です。女性はアイピルといったアフターピルなどを有効に活用していく必要があります。
アイピルなどのアフターピルは個人輸入代行業者を利用すれば、気軽に購入することができます。望まない妊娠をしないためにも常備しておくようにしましょう。

■紹介サイト
 アフターピルの通販情報局

  • 女性こそが高い意識を持つ

    使いかけの複数の薬

    望まない妊娠を防ぐために必要なことは女性が高い意識を持っておくことが必要です。これまで自分で避妊について高い意識を持っていなかったという女性も多くいるでしょう。今後はアフターピルを利用するようにしましょう。

    Read more
  • 完璧な避妊を目指して

    見つめる女性の表情

    望まない妊娠から女性が自分を守るために最適なものはピルです。ピルと一口に言っても大きく分けて二つの種類があることを理解しておくことが大事です。知った上で必要に応じて使い分ける必要があるんです。低用量ピルとアフターピルです

    Read more
  • 最後のストッパーとして

    赤い服を着た女性の姿

    子供ができることを望んでいないカップルは性行為の際に避妊をしているでしょう。避妊方法に違いはあるでしょう。アフターピルは最後のストッパーです。コンドームで避妊をしている女性も常備薬として必ず持っておくことをお勧めします。

    Read more